ニュージーランド

ウィリアムス ヴィンヤード ピノ ノワール 2015 コヤマ ワインズ 赤ワイン 品質保証,爆買い

■輸入元様資料より抜粋■ 栽培: ウィリアムス・ヴィンヤードはワイパラの東側丘陵地帯の斜面に位置する粘土質、石灰岩土壌。植え付け:2000年。クローン:UCD 5, ディジョン115、ディジョン667、エイベル。 ヴィンテージ特徴: 春の霜の影響で収穫量は落ち込んだ。 比較的暑い夏に続きよく乾燥した秋に恵まれ 、霜害により低収穫量となったが、 凝縮感のある味わい となった。 熟成: 手摘みで収穫し選果、除梗後、オープン式発酵槽で発酵。発酵中は1日2回タンク内の果実を押し沈める。ミディアム・トーストのフレンチオーク樽(新樽25%)で約18ヶ月熟成。 味わい: 色濃く、 赤と黒が混じる凝縮した果実 に 新樽由来のチョコとトースティーな風味 が混じる。 ダークプラム の果実は きめ細かいシルキーなタンニン と 良質な酸 に縁取られ、スイートな果実が余韻まで長く続く。2015年は春の霜の影響で収量が落ち込み、 凝縮した風味のブドウ が実った。石灰質土壌のグウィン・ウィリアムスの畑のブドウから造られる。 INFORMATIONNameWilliam's Vineyard Pinot Noir Koyama Winesブドウ品種ピノ・ノワール生産者名コヤマ・ワインズ産地ニュージーランド/ワイパラRegionNew Zealand/Waipara内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《大和魂》で NZピノの歴史に、 新たな1ページを刻む! 既に今、多くの日本人が海外でワイン造りに携わり、重要な役割を果たしている人も、少なからずいます。 ですが、自らのワインを手掛けるにまで至る方は、ごく僅か。 才能と努力、チャンス、そして、運など、あらゆる意味で、自らが道を切り拓いた人だけが、その機会を得ることが出来るもの。 そんな中、新たに 自らのワインをリリース するに至った 日本人 が登場です! しかも… 今まであまり、ご紹介する機会のなかった ピノ・ノワール を、ブルゴーニュに次ぐ、ピノ・ノワールの第二の故郷ともいえる、ニュージーランドで手掛ける、 小山竜宇(こやま たかひろ)氏 の記念すべき初リリースです! 海外経験も豊富な小山氏は… 『物を造る仕事がしたい!』 との思いから、ワインとの時間がふと蘇り、ワイン造りを志すに至り、その後、NZにわたり、リンカーン大学葡萄栽培ワイン醸造学部に在学中から、ピノ・ノワールなどのワインで名高い、マウントフォードで働き始めます。 途中、イタリアやトスカーナ、ドイツなどで経験を積み、大学卒業後の2007年、アシスタント・ワイン・メーカーとして、マウントフォードに就職。 その後も更に、カリフォルニア・ピノの先駆者である、オー・ボン・クリマなどでも経験を積むなど、貪欲に学び、自らの経験とイメージを形にしてきました。 そんな小山氏が、遂に、自らのワインをリリースすると知ったのは、2009年のこと。 話を伺い、楽しみにしていたワインがようやく入荷し、このお披露目も兼ねて、来日した小山氏に、お話を伺いました! 花のような香り や、 ベリーのアロマ などが綺麗に香り、旨みはありながらも、濃すぎることの無い、小山氏のピノ・ノワール。マウントフォードよりも エレガント なスタイルを意識されているようですが、そのことが実感できる味わいに、初リリースの確かな手ごたえを感じました。 実は… 彼の買っている葡萄の区画は、 他のワイナリーも欲しがる 、畑のプロフェッショナルで、かつて、他のワイナリーの栽培責任者として働いた後、独立した、グエン氏の畑のブドウなのだとか♪ なんと、グエン氏、そんな引く手あまたの畑にも関わらず、小山氏に… 『希望の区画を選んで良いよ。』 と、言ったとか! 【その理由】 『実は、グエン氏はかつて、日本でラグビーを教えていた事があるそうで、非常に協力的なんです。』 と、小山氏は謙遜していましたが、当然ながら、彼のワイン造りに対する 真摯な姿勢 と、 才能 を認めたからこそ、グエン氏がそこまで言ったのだと思います。 パワーのあるラベルは、小山氏の知り合いの、日本の有名な企業で活躍する方がデザインしたそうです。 才能と努力 、 チャンス 、そして、 運 。小山氏が切り拓いてきた結果が、1本のワインとなり、晴れて、初リリースを迎えました。 待望の初リリース! NZピノの新たなる1ページです!!

ウィリアムス ヴィンヤード ピノ ノワール 2015 コヤマ ワインズ 赤ワイン 品質保証,爆買い —— 5,700円

ニュージーランド

エステート シャルドネ 2016 クメウ リヴァー 白ワイン 新作登場,得価

ルフレーヴやソゼが負けた!? あの『ワイン・アドヴォケイト誌』のテイスターも参加した、ロンドンの試飲会で、 ルフレーヴやソゼのピュリニー・モンラッシェよりも高評価を得たのが… 『ずばり、この1本です!』 クメウ地区の6つの異なる畑から、最良のブドウを選別して使用。手積みで収穫後、房ごとプレス。100%フレンチオークで野生酵母により発酵、樽熟成を経ています。 実際、私も飲んでみて、 コスト・パフォーマンスの高さは実感 していますので、ぜひぜひ、皆様もお試し下さい!! INFORMATIONNameEstate Chardonnay Kumeu River Winesブドウ品種シャルドネ生産者名クメウ・リヴァー産地ニュージーランド/オークランドRegionNew Zealand/Auckland内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ブルゴーニュのトップ・ドメーヌと、NZ北島のワイナリー、クメウ・リヴァーのシャルドネを比較試飲する試飲会が、英国の輸入元ファー・ヴィントナーズで行われました。 試飲会には、ジャンシス・ロビンソンMWやジェイミー・グッド、マシュー・ジュークスら英国のトップ・ライター14人が出席、2007/2009/2010/2012の4つのヴィンテージで、いずれもクメウ・リヴァーが一位に輝く(ひとつはタイ)という、快挙を収めました! クメウ・リヴァーが「あらゆるヴィンテージで高得点」を獲得! ニュージーランド北島に本拠を置くクメウ・リヴァーとブルゴーニュのトップドメーヌの古いヴィンテージの試飲会で、 クメウ・リヴァーがあらゆるヴィンテージで高得点を得た。 ニール・マーティンが、英国の輸入元ファー・ヴィントナーズで行われた試飲会の模様をワイン・アドヴォケートで発表した。クメウ・リヴァーはユーゴスラビアから移住してきたブラコヴィッチ家が、 オークランド北のクメウ地区 に設立した。醸造責任者のマイケル・ブラコヴィッチ氏は1989年、 ニュージーランド初のマスター・オブ・ワインとなった。 試飲会は2012、2010、2009、2007の4フライトで行われた。 2012はクメウのエステート・シャルドネが91点を得て、ルフレーヴ、ソゼのピュリニー・モンラッシェなどを上回った。 2010はクメウのコディントン・ヴィンヤードが92点。フォンテーヌ・ガニャールのシャサーニュ・モンラッシェ・ヴェルジェと同点で、マルキ・ド・ラギッシュ、ミシェル・ニーヨンらの シャサーニュ・モンラッシェのプルミエクリュ畑名を上回った。 2009はクメウのマテズ・ヴィンヤードが93点。 コント・ラフォンのムルソー、ドルーアンとブシャールのムルソー・ペリエールを上回った。 2007はクメウのハンティングヒル・ヴィンヤードが94点。 ソゼ、ルイ・カリヨン、ドルーアンらのピュリニー・モンラッシェのプルミエクリュ畑名を上回った。 ブルゴーニュいくつかは状態が健全ではなかったが、 スクリューキャップのクメウは問題がなかった。 マーティン氏は 「世界で最高のいくつか」 と評した。 (参考資料:ワイン・レポート) そんな、ブルゴーニュをも脅かす存在とされた、このワインは、ニュージーランド、オークランドの、クメウ・リヴァーです。 1944年に設立、二代目で、このワイナリーの評価を上げた、マテ・ブラコヴィッチ氏は、ニュージーランドのワイン業界でも有名で、ニュージーランド・ワイン・インスティチュートの委員長も務めたほどの人物だとか。 1992年にマテ氏が他界し、その後は、彼の妻メルバと、3人の息子がワイナリーを守り、今もなお、その品質に、更なる磨きをかけています。 上記の事実が、そのゆるぎない品質を物語っているのは、間違いありません! しかも、今回ご紹介する、エステート・シャルドネは、4298円と、ルフレーヴやソゼのピュリニーは絶対買えない、お買い得価格! 私もブルゴーニュ・ワインは大好きです。でも、このワインを飲んで、しかも、この事実を知り… 『やばいよ、ブルゴーニュ…』 と、心配になってしまいました(汗) しかも! 今回、更にお手頃な、ヴィレッジ・シャルドネもご紹介しますが、これも私、しっかりと試飲会メモに 『程よくメリハリ、ミネラル◎』 と、コメントが♪ とにかく、ブルゴーニュ好きにも、ぜひぜひ、試して頂きたいワインです! 『ルフレーヴやソゼが負けた!?』 コスパ抜群のシャルドネ を、発見しました!!

エステート シャルドネ 2016 クメウ リヴァー 白ワイン 新作登場,得価 —— 4,100円

ニュージーランド

キュヴェ オー アンティポード 2015 プロフェッツ ロック 赤ワイン tp S 人気,最新作

淡く綺麗なルビー色で中心に向かって美しいグラデーションが見て取れます。 ベリーやチェリーなどの赤黒両方の健康的な果実に、 スパイス、清涼感あるハーブ が香ります。 香り同様の味わいは実に 優雅でピュア 。 ミネラル も感じ、細身ながら骨格を感じることができます。 (2018年7月20日試飲) INFORMATIONNameCuvee Aux Antipodes Prophet's Rockブドウ品種ピノ・ノワール生産者名プロフェッツ・ロック産地ニュージーランド/セントラル・オタゴRegionNew Zealand/Central Otago内容量750mlWA92/Issue 1st Mar 2018WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

キュヴェ オー アンティポード 2015 プロフェッツ ロック 赤ワイン tp S 人気,最新作 —— 16,800円

ニュージーランド

ギブストン ピノ ノワール 2015 ヴァリ ヴィンヤーズ 赤ワイン 数量限定,安い

■ワイン名(原語)/Gibbston Pinot Noir Valli Vineyards ■ブドウ品種/ピノ・ノワール ■生産者名/ヴァリ・ヴィンヤーズ ■産地/ニュ−ジーランド/南島/セントラル・オタゴ/ギブストン ■内容量/750ml

ギブストン ピノ ノワール 2015 ヴァリ ヴィンヤーズ 赤ワイン 数量限定,安い —— 5,800円

ニュージーランド

クメウ リヴァー クレマンNV 泡 白 S 2019,セール

■『WINE REPORT』より抜粋■ シャルドネでブルゴーニュ勢を圧倒 したクメウ・リヴァーが、ついにスパークリングの生産に乗り出した。『クメウ クレマン』がそれで、2006年前半に完成した。 『ピノ・ノワール ニュージーランド 2017』の帰途に、ワイナリーを訪ねて試飲した。クメウは偶然にも、 スパーク発祥の地 でもある。 青リンゴ、 ピンクグレープフルーツ 、生き生きとした酸があり、なめらかなマウスフィール、 バタリーな風味 を伴い、キレのいいフィニッシュ。 気楽に楽しめるスタイルだが、熟した果実と酸の適正なバランスがわずかに欠けている。シャルドネ60%、ピノ・ノワール40%。ドザージュはリットル当たり5グラム。2013年8月に瓶詰めし、デゴルジュマンは2016年5月。約3年間の熟成期間を経ている。88点。 ワインメーカーのマイケル・ブラコヴィッチMWによると、ピノ・ノワールはシャルドネほど評価されていないハンティングヒル・ヴィンヤードから。通常より10日ほど早めに摘んだという。潜在糖度は11.5%だった。『まだ勉強中だ』とはにかんだ。やがては継ぎ目のないバランス感と丸さを手に入れるだろう。彼は野生酵母に関する研究結果を、セレブレーションで発表した。MWの科学的な知見の深さを印象付ける内容だった。そうした造り手が 冷静な計算もしながらワインを造る わけだから、 ブルゴーニュのワインを打ち負かすのも当然 だと思った。 10年前、マイケルと母メルバがニューヨークで開かれたワイン・スペクテーターのイベント『ワイン・エクスペリエンス』に出席した際、英国の評論家ヒュー・ジョンソンに『スパークリングは造らないのか?』と聴かれたのが、スパークリングワインを手掛けるきっかけになったという。 メルバは『マテズ・ヴィンヤード』に名を残すマテの妻。マテは1992年に亡くなったが、まだまだ元気だった。 日本にも出荷予定だがわずか5ケース。コディントン・ヴィンヤードと同等の価格になるという。生産量の少なさから言って、 すぐになくなることが予想される 。 ※実際には日本初入荷は240本となりました。 INFORMATIONNameKmeu River Crement ブドウ品種シャルドネ60%/ピノ・ノワール40%生産者名クメウ・リヴァー産地ニュージーランド/オークランドRegionNew Zealand/Auckland内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ブルゴーニュのトップ・ドメーヌと、NZ北島のワイナリー、クメウ・リヴァーのシャルドネを比較試飲する試飲会が、英国の輸入元ファー・ヴィントナーズで行われました。 試飲会には、ジャンシス・ロビンソンMWやジェイミー・グッド、マシュー・ジュークスら英国のトップ・ライター14人が出席、2007/2009/2010/2012の4つのヴィンテージで、いずれもクメウ・リヴァーが一位に輝く(ひとつはタイ)という、快挙を収めました! クメウ・リヴァーが「あらゆるヴィンテージで高得点」を獲得! ニュージーランド北島に本拠を置くクメウ・リヴァーとブルゴーニュのトップドメーヌの古いヴィンテージの試飲会で、 クメウ・リヴァーがあらゆるヴィンテージで高得点を得た。 ニール・マーティンが、英国の輸入元ファー・ヴィントナーズで行われた試飲会の模様をワイン・アドヴォケートで発表した。クメウ・リヴァーはユーゴスラビアから移住してきたブラコヴィッチ家が、 オークランド北のクメウ地区 に設立した。醸造責任者のマイケル・ブラコヴィッチ氏は1989年、 ニュージーランド初のマスター・オブ・ワインとなった。 試飲会は2012、2010、2009、2007の4フライトで行われた。 2012はクメウのエステート・シャルドネが91点を得て、ルフレーヴ、ソゼのピュリニー・モンラッシェなどを上回った。 2010はクメウのコディントン・ヴィンヤードが92点。フォンテーヌ・ガニャールのシャサーニュ・モンラッシェ・ヴェルジェと同点で、マルキ・ド・ラギッシュ、ミシェル・ニーヨンらの シャサーニュ・モンラッシェのプルミエクリュ畑名を上回った。 2009はクメウのマテズ・ヴィンヤードが93点。 コント・ラフォンのムルソー、ドルーアンとブシャールのムルソー・ペリエールを上回った。 2007はクメウのハンティングヒル・ヴィンヤードが94点。 ソゼ、ルイ・カリヨン、ドルーアンらのピュリニー・モンラッシェのプルミエクリュ畑名を上回った。 ブルゴーニュいくつかは状態が健全ではなかったが、 スクリューキャップのクメウは問題がなかった。 マーティン氏は 「世界で最高のいくつか」 と評した。 (参考資料:ワイン・レポート) そんな、ブルゴーニュをも脅かす存在とされた、このワインは、ニュージーランド、オークランドの、クメウ・リヴァーです。 1944年に設立、二代目で、このワイナリーの評価を上げた、マテ・ブラコヴィッチ氏は、ニュージーランドのワイン業界でも有名で、ニュージーランド・ワイン・インスティチュートの委員長も務めたほどの人物だとか。 1992年にマテ氏が他界し、その後は、彼の妻メルバと、3人の息子がワイナリーを守り、今もなお、その品質に、更なる磨きをかけています。 上記の事実が、そのゆるぎない品質を物語っているのは、間違いありません! しかも、今回ご紹介する、エステート・シャルドネは、4298円と、ルフレーヴやソゼのピュリニーは絶対買えない、お買い得価格! 私もブルゴーニュ・ワインは大好きです。でも、このワインを飲んで、しかも、この事実を知り… 『やばいよ、ブルゴーニュ…』 と、心配になってしまいました(汗) しかも! 今回、更にお手頃な、ヴィレッジ・シャルドネもご紹介しますが、これも私、しっかりと試飲会メモに 『程よくメリハリ、ミネラル◎』 と、コメントが♪ とにかく、ブルゴーニュ好きにも、ぜひぜひ、試して頂きたいワインです! 『ルフレーヴやソゼが負けた!?』 コスパ抜群のシャルドネ を、発見しました!!

クメウ リヴァー クレマンNV 泡 白 S 2019,セール —— 5,700円

ニュージーランド

クラウディ ベイ 2015 ピノ ノワール 赤ワイン 人気SALE,本物保証

■ヴィンテージについて■ 現在ヴィンテージが 2011年から2012年に移行中 です。 どちらかのヴィンテージ でのお届けになりますが、ご注文時にヴィンテージの指定はお受け出来かねますので、ご了承の上、お買求め下さい。 プロは知ってるこの美味しさ! クラウディ・ベイと言えば、ソーヴィニヨン・ブランの方が、印象が強い方も多いと思いますが、実は、 ピノ も、 プロの間では知られた逸品 なのです! 実店舗スタッフも… 『お店で飲食店のお客様から、 『ありませんか?』 って、良く聞かれるんです。』 と聞き、リアルに 人気 を実感中♪ ■輸入元様資料より抜粋■ ダーク・プラムやブルーベリーの果実香に、サンダルウッド(白檀)やスモーキーなベーコンの香りが重なる、 濃厚で魅惑的なアロマ です。 黒果実とオークの風味を豊かなタンニンが優しく支える みずみずしい 味わい。 収穫の少ないヴィンテージゆえの 凝縮感の高い果実味 と、なめらかで 繊細なフィニッシュ が特徴です。 《畑》 葡萄は、サブリージョンのBrancott(ブランコット)、Fairhall(フェアホール)、Ben(ベン) Morven(モーヴェン)などがある Wairau(ワイラウ) Valley(ヴァレー)の南側 で栽培されています。 Brancott(ブランコット) Valley(ヴァレー)の 沖積砂礫層 をはじめとする土壌は、比較的水はけが良く、粘土を含んでいます。 この土壌の構造によって、夏の間も水分供給が均一になり、樹へ の水分ストレスを最小限に抑える ことができます。 開花時期の気温が低かったため、実のつき方は少なくなりました。 2007年は剪定により枝を減らし、夏の間に芽や房を間引きすることで、収穫量を 1ヘクタール当りおよそ4トン に抑えました。 《季節》 マールボロでは、例年より少し早い芽吹きを迎え、 ワイラウ・ヴァレー のシーズンは霜のない春で幕を開けました。 順調なスタートに豊作が期待されましたが、12月は過去50年間で最も気温が低くなり、ソーヴィニヨン・ブランをはじめとする開花時期の遅い品種ほど大きな影響を受けました。 夏の間も気温は平均を下回り続け、成長が心配されましたが、秋のはじめにはインディアン・サマーが訪れ、晴天のもと畑の葡萄は急激に熟したのでした。 《収穫》 9種のクローンのピノ・ノワールが、葡萄の熟度や状態に応じて 手摘みで収穫 されました。収穫は3月21日に始まり、3月19日に終了しました。 葡萄は 素晴らしい状態 でワイナリーに到着し、糖度は24.2ブリックス、pHは3.31、酸度は9.0g/Lでした。 《醸造》 葡萄はすべて除梗され、ステンレスの開放式発酵タンクに移されます。発酵前に低温で数日置いてから、 天然酵母 による発酵を開始します。 発酵の間、果帽を突き割って(パンチングダウン)色素とタンニンを抽出し、平均3週間ほどスキンコンタクトさせた後、軽く圧搾してからフレンチオーク樽(新樽率約50%)に移して、マロラクティック発酵を行います。 夏の初めにはマロラクティック発酵は完了し、オーク樽で1年近く熟成させた後、3月下旬にブレンドします。卵白で軽く清澄させ、 2007年6月 に瓶詰めしました。 最終的なブレンドは、UCD5(ポマールのクローン)が25%、AM10/5が20%、667が20%、残りはディジョンのクローンの混合です。 最終分析では、アルコール度数は14%、pHは3.45、酸度は6.2g/Lでした。 ルイ・ヴィトンと兄弟?! 世界が認める 極上のNZワイン! その爽やかな味わいが、近年、人気を集める、 ソーヴィニヨン・ブラン 。 そして… その味わいは、誰をも虜にしながら、栽培の難しさで、限られた地でしか栽培されない、 ピノ・ノワール 。 そんな、2つの品種で、名をはせるのが、 ニュージーランド です。 果実味 と エレガント さが同居する、ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランや、ピノ・ノワールは、多くのプロをも魅了し、誰もがその 品質の高さ を認めています。 そんな、ニュージーランドの先駆者であり、 絶大な人気 を誇るのが、この クラウディ・ベイ! レストランなどからも、 絶対の信用 があり、タカムラの実店舗でも、 人気NZワイン のひとつですが、つい先日、フランス・ロワールの造り手さんで、 NZでの修行経験 がある方も… 『クラウディ・ベイ置いてるんだね。 個人飲み用 に買うよ!』 と、仰り、クラウディ・ベイの 圧倒的信用力 を実感しました。 しかも、このワイナリー、あの、 ルイ・ヴィトンと同じMHDグループ の傘下なんです♪ そう! つまり、あのドンペリや、クリュッグとも兄弟関係!! そんな訳で、プレゼントする際にも… 『ルイ・ヴィトンや、ドンペリと兄弟だよ♪』 なんて言っちゃうと、女性なら、必ずや喜ぶに違いありません(笑) 知らなきゃ損する!? ヴィトンの兄弟! 世界が認める一級品 なので、是非一度は味わってみて下さい!!

クラウディ ベイ 2015 ピノ ノワール 赤ワイン 人気SALE,本物保証 —— 3,200円

ニュージーランド

クラウディ ベイ ソーヴィニヨン ブラン 2014 テ ココ 白ワイン 限定セール,新品

※下記ヴィンテージ[2006]の記載です。 樽発酵&樽熟成の格上品! NZのソーヴィニヨン・ブランの良さを生かすには、ステンレスで、 果実味をキープする事 がベストだと思ってました。 でも… テ・ココを飲んで、その 常識は一変! だって、美味しいんですもの〜(笑) 豊かなボディに、 エレガント さを失わない美味しさに、ちょっと ハマって しまいました。 新発見の美味しさ 、ぜひお試しを! ■輸入元様資料より抜粋■ 《テイスティングノート》 ジャスミンの花、甘いハーブ、レモンやマンダリンオレンジの 柑橘類の果実香 が、スパイシーな生姜の香りに溶け込みます。 味わいはフルボディでクリーミーながら、バランスの良いレモンの心地よいフィニッシュが さわやか です。 オーク樽での発酵と、 野生の酵母 による自然発酵により、 深み のある味わいが生まれます。 《畑》 テ・ココに使われるソーヴィニヨン・ブランの葡萄は、二つの自社畑と、サブリージョンの フェアホール と セントラル・ワイラウ にある契約農家の畑で栽培されています。 土壌は水はけの良い砂礫層から成り、灌漑を必要とします。葡萄樹はVSP方式とスコット・ヘンリー方式で整枝します。 1ヘクタールにつき1、850本の密度で植樹され、2006年の収穫量は、1ヘクタール当り平 均8.4トン でした。 《季節》 栽培期は比較的温暖な気候に始まり、霜も降りず、 芽吹きは通常より3週間早く 始まりました。 理想的な栽培条件 が春の間中続きましたが、12月に雨と風が多い天候となりました。 不安定な気候条件が開花に影響を与え、果実の実りが不完全となり、収穫量が低くなりました。年明け早々に気温が回復し、夏の残りの期間は素晴らしい状態が続きました。 春の訪れが早かったこと、収穫量が少なかったこと、温暖な夏が葡萄の成熟を促進したことが重なり、収穫は記録的に早い 2月末に開始 されました。 葡萄の質は申し分ありませんでした。 すべての畑で葡萄が急速に熟したため収穫を急ぎましたが、3月末に降った雨によって作業が遅れました。しかしその後は湿気の少ない晴れの日が続き、葡萄は無傷で済み、本格的な収穫が再開されました。 《収穫》 6つの畑で 4月15日から29日 にかけて、熟度に応じて収穫されました。 収穫時の葡萄の糖度は24.0ブリックス、pHは3.12、酸度は11.1g/Lでした。 《醸造》 葡萄は、果実味を保つために冷涼な夜間に収穫されます。 除梗した葡萄も全房ごとの葡萄も直接タンクプレスに移して圧搾し、しばらく寝かせます。 フレンチオーク樽(新樽の比率は低い)に移し、 自生の酵母 によってゆっくり自然発酵を行います。 第一段階の発酵はクリスマスに完了し、その後一部のワインにマロラクティック発酵を行いました。 ワインは翌年の11月末まで樽の中で澱と一緒に熟成させ、澱引きに続いて軽く清澄させた後、 2008年3月 に瓶詰め。 ルイ・ヴィトンと兄弟?! 世界が認める 極上のNZワイン! その爽やかな味わいが、近年、人気を集める、 ソーヴィニヨン・ブラン 。 そして… その味わいは、誰をも虜にしながら、栽培の難しさで、限られた地でしか栽培されない、 ピノ・ノワール 。 そんな、2つの品種で、名をはせるのが、 ニュージーランド です。 果実味 と エレガント さが同居する、ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランや、ピノ・ノワールは、多くのプロをも魅了し、誰もがその 品質の高さ を認めています。 そんな、ニュージーランドの先駆者であり、 絶大な人気 を誇るのが、この クラウディ・ベイ! レストランなどからも、 絶対の信用 があり、タカムラの実店舗でも、 人気NZワイン のひとつですが、つい先日、フランス・ロワールの造り手さんで、 NZでの修行経験 がある方も… 『クラウディ・ベイ置いてるんだね。 個人飲み用 に買うよ!』 と、仰り、クラウディ・ベイの 圧倒的信用力 を実感しました。 しかも、このワイナリー、あの、 ルイ・ヴィトンと同じMHDグループ の傘下なんです♪ そう! つまり、あのドンペリや、クリュッグとも兄弟関係!! そんな訳で、プレゼントする際にも… 『ルイ・ヴィトンや、ドンペリと兄弟だよ♪』 なんて言っちゃうと、女性なら、必ずや喜ぶに違いありません(笑) 知らなきゃ損する!? ヴィトンの兄弟! 世界が認める一級品 なので、是非一度は味わってみて下さい!!

クラウディ ベイ ソーヴィニヨン ブラン 2014 テ ココ 白ワイン 限定セール,新品 —— 4,600円

ニュージーランド

クラウディ ベイ ペロリュスNV 泡 白 セール,お買い得

■ワイン名(原語)/Perolus Cloudy Bay ■ブドウ品種/シャルドネ/ピノ・ノワール ■生産者名/クラウディ・ベイ ■産地/ニュージーランド/マールボロ ■内容量/750ml ルイ・ヴィトンと兄弟?! 世界が認める 極上のNZワイン! その爽やかな味わいが、近年、人気を集める、 ソーヴィニヨン・ブラン 。 そして… その味わいは、誰をも虜にしながら、栽培の難しさで、限られた地でしか栽培されない、 ピノ・ノワール 。 そんな、2つの品種で、名をはせるのが、 ニュージーランド です。 果実味 と エレガント さが同居する、ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランや、ピノ・ノワールは、多くのプロをも魅了し、誰もがその 品質の高さ を認めています。 そんな、ニュージーランドの先駆者であり、 絶大な人気 を誇るのが、この クラウディ・ベイ! レストランなどからも、 絶対の信用 があり、タカムラの実店舗でも、 人気NZワイン のひとつですが、つい先日、フランス・ロワールの造り手さんで、 NZでの修行経験 がある方も… 『クラウディ・ベイ置いてるんだね。 個人飲み用 に買うよ!』 と、仰り、クラウディ・ベイの 圧倒的信用力 を実感しました。 しかも、このワイナリー、あの、 ルイ・ヴィトンと同じMHDグループ の傘下なんです♪ そう! つまり、あのドンペリや、クリュッグとも兄弟関係!! そんな訳で、プレゼントする際にも… 『ルイ・ヴィトンや、ドンペリと兄弟だよ♪』 なんて言っちゃうと、女性なら、必ずや喜ぶに違いありません(笑) 知らなきゃ損する!? ヴィトンの兄弟! 世界が認める一級品 なので、是非一度は味わってみて下さい!!

クラウディ ベイ ペロリュスNV 泡 白 セール,お買い得 —— 3,000円

ニュージーランド

ゲヴュルツトラミネール 2013 リッポン 白ワイン 新作登場,お買い得

『食事との相性が、一番幅広い。』 世界屈指の 美しいワイン産地 のひとつ、NZのセントラル・オタゴ。 ピノ・ノワールで知られる地の実力派、リッポンですが、今回は 隠れたオススメ をご紹介します。 アロマティックな品種 として知られる、ゲヴュルツトラミネールです! エスニック料理などととの相性がよく言われますが、このゲヴュルツトラミネールは、香りも洗練されていて、味わいのバランスがよく、造り手のニック・ミルズ氏も… ◆『このワインが一番食事との相性が幅広い。』 というほど、 食事と良い相性 です。 トリュフ風味のスクランブルエッグと併せてもいい相性だったのには、正直びっくりしました! 発見! 食事の時間をより幸せにしてくれる、 ゲヴュルツトラミネールです♪ ■ワイン名(原語)/Gewurztraminer Rippon ■ブドウ品種/ゲヴェルツトラミネール100% ■生産者名/リッポン ■産地/ニュージーランド/セントラル・オタゴ ■内容量/750ml

ゲヴュルツトラミネール 2013 リッポン 白ワイン 新作登場,お買い得 —— 3,100円

ニュージーランド

ゲヴュルツトラミネール 2016 リッポン 白ワイン 新品,限定SALE

■ワイン名(原語)/Gewurztraminer Rippon ■ブドウ品種/ゲヴュルツトラミネール ■生産者名/リッポン ■産地/ニュ−ジーランド/南島/セントラル・オタゴ ■内容量/750ml

ゲヴュルツトラミネール 2016 リッポン 白ワイン 新品,限定SALE —— 3,000円

ニュージーランド

コディンドン シャルドネ 2014 クメウ リヴァー 白ワイン S お買い得,お買い得

■輸入元様資料より抜粋■ 手摘みで収穫後、房ごとプレス。 100%フレンチオークで野生酵母により発酵させます。 100%MLF発酵。11ヶ月樽熟成。 コディントン・ヴィンヤードのブドウを使用。 熟したピーチ が特徴的で、深みがありしっかりとした骨格を備えています。 華やか で クリーミー な口当たり、バランスの取れた美しい酸。 若いうちも美味しいですが、 2〜4年 寝かせると、さらに良くなります。 ■ワイン名(原語)/Coddington Chardonnay Kumeu River Wines ■ブドウ品種/シャルドネ ■生産者名/クメウ・リヴァー ■産地/ニュージーランド/オークランド ■内容量/750ml ブルゴーニュのトップ・ドメーヌと、NZ北島のワイナリー、クメウ・リヴァーのシャルドネを比較試飲する試飲会が、英国の輸入元ファー・ヴィントナーズで行われました。 試飲会には、ジャンシス・ロビンソンMWやジェイミー・グッド、マシュー・ジュークスら英国のトップ・ライター14人が出席、2007/2009/2010/2012の4つのヴィンテージで、いずれもクメウ・リヴァーが一位に輝く(ひとつはタイ)という、快挙を収めました! クメウ・リヴァーが「あらゆるヴィンテージで高得点」を獲得! ニュージーランド北島に本拠を置くクメウ・リヴァーとブルゴーニュのトップドメーヌの古いヴィンテージの試飲会で、 クメウ・リヴァーがあらゆるヴィンテージで高得点を得た。 ニール・マーティンが、英国の輸入元ファー・ヴィントナーズで行われた試飲会の模様をワイン・アドヴォケートで発表した。クメウ・リヴァーはユーゴスラビアから移住してきたブラコヴィッチ家が、 オークランド北のクメウ地区 に設立した。醸造責任者のマイケル・ブラコヴィッチ氏は1989年、 ニュージーランド初のマスター・オブ・ワインとなった。 試飲会は2012、2010、2009、2007の4フライトで行われた。 2012はクメウのエステート・シャルドネが91点を得て、ルフレーヴ、ソゼのピュリニー・モンラッシェなどを上回った。 2010はクメウのコディントン・ヴィンヤードが92点。フォンテーヌ・ガニャールのシャサーニュ・モンラッシェ・ヴェルジェと同点で、マルキ・ド・ラギッシュ、ミシェル・ニーヨンらの シャサーニュ・モンラッシェのプルミエクリュ畑名を上回った。 2009はクメウのマテズ・ヴィンヤードが93点。 コント・ラフォンのムルソー、ドルーアンとブシャールのムルソー・ペリエールを上回った。 2007はクメウのハンティングヒル・ヴィンヤードが94点。 ソゼ、ルイ・カリヨン、ドルーアンらのピュリニー・モンラッシェのプルミエクリュ畑名を上回った。 ブルゴーニュいくつかは状態が健全ではなかったが、 スクリューキャップのクメウは問題がなかった。 マーティン氏は 「世界で最高のいくつか」 と評した。 (参考資料:ワイン・レポート) そんな、ブルゴーニュをも脅かす存在とされた、このワインは、ニュージーランド、オークランドの、クメウ・リヴァーです。 1944年に設立、二代目で、このワイナリーの評価を上げた、マテ・ブラコヴィッチ氏は、ニュージーランドのワイン業界でも有名で、ニュージーランド・ワイン・インスティチュートの委員長も務めたほどの人物だとか。 1992年にマテ氏が他界し、その後は、彼の妻メルバと、3人の息子がワイナリーを守り、今もなお、その品質に、更なる磨きをかけています。 上記の事実が、そのゆるぎない品質を物語っているのは、間違いありません! しかも、今回ご紹介する、エステート・シャルドネは、4298円と、ルフレーヴやソゼのピュリニーは絶対買えない、お買い得価格! 私もブルゴーニュ・ワインは大好きです。でも、このワインを飲んで、しかも、この事実を知り… 『やばいよ、ブルゴーニュ…』 と、心配になってしまいました(汗) しかも! 今回、更にお手頃な、ヴィレッジ・シャルドネもご紹介しますが、これも私、しっかりと試飲会メモに 『程よくメリハリ、ミネラル◎』 と、コメントが♪ とにかく、ブルゴーニュ好きにも、ぜひぜひ、試して頂きたいワインです! 『ルフレーヴやソゼが負けた!?』 コスパ抜群のシャルドネ を、発見しました!!

コディンドン シャルドネ 2014 クメウ リヴァー 白ワイン S お買い得,お買い得 —— 5,200円

ニュージーランド

シラー 2004 プロヴィダンス 赤ワイン tp S セール,人気

■輸入元資料より抜粋■ スモーキーでラズベリーやヴァニラの香り 。ラズベリーやスグリの実のニュアンスと軽やかでフレッシュなタンニンがエレガントな余韻に繋がります。 滑らかでエレガントなワイン です。 INFORMATIONNameSyrah Providenceブドウ品種シラー生産者名プロヴィダンス産地ニュージーランド/オークランド/マタカナRegionNew Zealand/Auckland/Matakana内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating NZに、彗星のごとく出現! 『10本の極上メルロー』 にも選ばれました! 『世界最高のワイン』 と絶賛する人、疑いの目でみる人と、評価は様々でした。 なんといっても『亜硝酸無添加』という売り文句に、 『亜硝酸を一切使用せずに、本当に美味しいワインが出来るのだろうか?』 と、疑問を持たれた方は多いと思います。 私も実際に味わうまでは、亜硝酸を使わずに、こんなに凄いワインが出来るなんて、信じられませんでした。(但し、その時にはプロヴィダンスが手に入らなかったので、試飲したのはセカンド・ワインのマランガイでした。) 亜硝酸だけでなく、化学肥料や除草剤も使用せず、収穫もすべて手作業。出来るだけ自然のままの状態で産み出されるワインは、世界中のワイン通の常識を超える味わいです! また、収穫のタイミングは、糖や酸、pH値を分析して決めるのではなく、毎日午前中と午後の2回、畑に行ってブドウを食べてみて、 『今だ!』 と決めるそうです。 このプロヴィダンス、 『ワイン王国No8 世界のメルロ飲み比べ特集』 でも、 『10本の極上メルロー』 の1本として取り上げられています。 ワイン専門誌でも特集が組まれました。 ニュージーランドの北島、オークランドの近く、ハパイ・クミュー地区では ユーゴスラヴィアからの移民が住みつき、森林を開拓し、赤ワイン造りで成 功しつつあった。そうした移民の中にヴルティッチ家があった。 父の後を継いで、始めは兄弟でカベルネ・ソービニヨン系の赤ワインを造っ ていた。本業は弁護士だったジェームズが独立して、マタカナに土地を求め ワイナリーを興した。 ニュージーランドの気候や土質からカベルネ・ソービニヨンの将来に疑問を 持ったジェームズは、メルロに挑戦したのである。大好きなワインがサンテ ミリオンのシュヴァル・ブランだった関係もある。 このマタカナ渓谷に畑を買ったのは89年、わずか2haの畑に、90年から ワインを植え始めた。栽培比率はメルロ70%、カベルネ・フラン20%、 マルベック10%である。 (ワイン王国No8より) なかなか入手出来ない逸品ですので、どうぞお見逃しなくー!

シラー 2004 プロヴィダンス 赤ワイン tp S セール,人気 —— 16,600円

ニュージーランド

シラー 2013 プロヴィダンス 赤ワイン S tp SALE,高品質

■輸入元資料より抜粋■ スモーキーでラズベリーやヴァニラの香り 。ラズベリーやスグリの実のニュアンスと軽やかでフレッシュなタンニンがエレガントな余韻に繋がります。 滑らかでエレガントなワイン です。 INFORMATIONNameProvidence Syrahブドウ品種生産者名プロヴィダンス産地ニュージーランド/オークランド/マタカナRegionNew Zealand/Auckland/Matakana内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating NZに、彗星のごとく出現! 『10本の極上メルロー』 にも選ばれました! 『世界最高のワイン』 と絶賛する人、疑いの目でみる人と、評価は様々でした。 なんといっても『亜硝酸無添加』という売り文句に、 『亜硝酸を一切使用せずに、本当に美味しいワインが出来るのだろうか?』 と、疑問を持たれた方は多いと思います。 私も実際に味わうまでは、亜硝酸を使わずに、こんなに凄いワインが出来るなんて、信じられませんでした。(但し、その時にはプロヴィダンスが手に入らなかったので、試飲したのはセカンド・ワインのマランガイでした。) 亜硝酸だけでなく、化学肥料や除草剤も使用せず、収穫もすべて手作業。出来るだけ自然のままの状態で産み出されるワインは、世界中のワイン通の常識を超える味わいです! また、収穫のタイミングは、糖や酸、pH値を分析して決めるのではなく、毎日午前中と午後の2回、畑に行ってブドウを食べてみて、 『今だ!』 と決めるそうです。 このプロヴィダンス、 『ワイン王国No8 世界のメルロ飲み比べ特集』 でも、 『10本の極上メルロー』 の1本として取り上げられています。 ワイン専門誌でも特集が組まれました。 ニュージーランドの北島、オークランドの近く、ハパイ・クミュー地区では ユーゴスラヴィアからの移民が住みつき、森林を開拓し、赤ワイン造りで成 功しつつあった。そうした移民の中にヴルティッチ家があった。 父の後を継いで、始めは兄弟でカベルネ・ソービニヨン系の赤ワインを造っ ていた。本業は弁護士だったジェームズが独立して、マタカナに土地を求め ワイナリーを興した。 ニュージーランドの気候や土質からカベルネ・ソービニヨンの将来に疑問を 持ったジェームズは、メルロに挑戦したのである。大好きなワインがサンテ ミリオンのシュヴァル・ブランだった関係もある。 このマタカナ渓谷に畑を買ったのは89年、わずか2haの畑に、90年から ワインを植え始めた。栽培比率はメルロ70%、カベルネ・フラン20%、 マルベック10%である。 (ワイン王国No8より) なかなか入手出来ない逸品ですので、どうぞお見逃しなくー!

シラー 2013 プロヴィダンス 赤ワイン S tp SALE,高品質 —— 15,700円

ニュージーランド

シラー 2014 プロヴィダンス 赤ワイン tp S 豊富な,限定SALE

■輸入元資料より抜粋■ スモーキーでラズベリーやヴァニラの香り。 ラズベリー や スグリの実 のニュアンスと軽やかでフレッシュなタンニンがエレガントな余韻に繋がります。 滑らかでエレガント なワインです。 INFORMATIONNameSyrah Providenceブドウ品種シラー100%生産者名プロヴィダンス産地ニュージーランド/オークランド/マタカナRegionNew Zealand/Auckland/Matakana内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating NZに、彗星のごとく出現! 『10本の極上メルロー』 にも選ばれました! 『世界最高のワイン』 と絶賛する人、疑いの目でみる人と、評価は様々でした。 なんといっても『亜硝酸無添加』という売り文句に、 『亜硝酸を一切使用せずに、本当に美味しいワインが出来るのだろうか?』 と、疑問を持たれた方は多いと思います。 私も実際に味わうまでは、亜硝酸を使わずに、こんなに凄いワインが出来るなんて、信じられませんでした。(但し、その時にはプロヴィダンスが手に入らなかったので、試飲したのはセカンド・ワインのマランガイでした。) 亜硝酸だけでなく、化学肥料や除草剤も使用せず、収穫もすべて手作業。出来るだけ自然のままの状態で産み出されるワインは、世界中のワイン通の常識を超える味わいです! また、収穫のタイミングは、糖や酸、pH値を分析して決めるのではなく、毎日午前中と午後の2回、畑に行ってブドウを食べてみて、 『今だ!』 と決めるそうです。 このプロヴィダンス、 『ワイン王国No8 世界のメルロ飲み比べ特集』 でも、 『10本の極上メルロー』 の1本として取り上げられています。 ワイン専門誌でも特集が組まれました。 ニュージーランドの北島、オークランドの近く、ハパイ・クミュー地区では ユーゴスラヴィアからの移民が住みつき、森林を開拓し、赤ワイン造りで成 功しつつあった。そうした移民の中にヴルティッチ家があった。 父の後を継いで、始めは兄弟でカベルネ・ソービニヨン系の赤ワインを造っ ていた。本業は弁護士だったジェームズが独立して、マタカナに土地を求め ワイナリーを興した。 ニュージーランドの気候や土質からカベルネ・ソービニヨンの将来に疑問を 持ったジェームズは、メルロに挑戦したのである。大好きなワインがサンテ ミリオンのシュヴァル・ブランだった関係もある。 このマタカナ渓谷に畑を買ったのは89年、わずか2haの畑に、90年から ワインを植え始めた。栽培比率はメルロ70%、カベルネ・フラン20%、 マルベック10%である。 (ワイン王国No8より) なかなか入手出来ない逸品ですので、どうぞお見逃しなくー!

シラー 2014 プロヴィダンス 赤ワイン tp S 豊富な,限定SALE —— 16,300円

ニュージーランド

ソーヴィニヨン ブラン 2017 フォリウム ヴィンヤード 白ワイン 大得価,お買い得

最新ヴィンテージ、2017年です! 滑らかでメリハリもあり、美しい果実のツヤ、 心地よく長い余韻が印象的 。 この年は一般的には難しい年のようですが、灌漑をせず、収量を落とすなどストイックに最大限ブドウの質を高める事を追及する 岡田さんだからこそ生み出す事の出来た美味しさ をお楽しみください!! ■輸入元様資料より抜粋■ 2017年ヴィンテージ 冷夏のため、生産地全体で収量が低め。雨がたくさん降り、苦労をした生産者も多い中、フォリウムでは幸い収量制限を厳しくしていたので、完熟を秋の長雨の前に終え、 品質の良いワインとなった 。 栽培面積1.2ha 植樹率2800本/ha 2003年植樹 収量60hl/ha INFORMATIONNameSauvignon Blanc Foliumブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名フォリウム・ヴィンヤード産地ニュージーランド/マールボロRegionNew Zealand/Marlborough内容量750mlWA−/Issue −WS91/Issue 1st Mar 2018※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 17連勝! 日本人が、NZで造る 本気の逸品!! 日本人ワイン・メーカー の活躍が目立つ、 NZ。 その地に、新たなるワイナリーが、誕生しました! 岡田岳樹(おかだたかき)氏 が、マルボーロで手掛ける、 『フォリウム・ヴィニャード』 です。 その、 初ヴィンテージ のお披露目会に、参加してきました! アメリカのワイン産業を支える、UCデイヴィス校や、仏ロワールの アンリ・ブルジョワ がNZで手掛ける クロ・アンリ でも経験を積んだ、まだ30代半ばの、岡田氏。 6haの畑を、収穫時など以外は、ひとりで仕事しているとか! 現在、フロム・ワイナリーを間借りしてのワイン醸造だそうですが、そんなところにも、NZの懐の広さを感じます。 そうして生まれたのは、ソーヴィニヨン・ブランと、ピノ・ノワール、それぞれ、スタンダードとリザーヴの、計4種。 ソーヴィニヨン・ブランは、さすが アンリ・ブルジョワ 譲りとあって、スタンダードは 瑞々しい果実味、 リザーヴには、より 密度があり、溌剌とした酸 が生きており、それぞれの個性が感じられました。 このスタイルを実現するため、全て、手摘みを行ったとか。(NZでは、珍しいそうです。) そして、ピノ・ノワールは… ■当主のコメント■ 『過度の抽出をせず、出汁のような美味しさを目指した。果実味の強さは、 マルボーロ のスタイルです。』 と、岡田氏が語っていたように、スタンダードは、 ふくらみのある果実味と樽のバランス を、リザーヴは、そこに、しっとりとしたニュアンスに、 より密度が加わった スタイルを感じました。 そんな 初リリース のワイン、お披露目会の際に、関係者の方から、気になる2つの話を、聞きました。 ■気になる話■ 『現地に行った際、岡田さんが、ウェリントンのワイン・ショップなどに、 17軒 に営業に行くのに同行したんです。 そしたら、なんと、 全ての訪問先が、どれかを買うって言ってくれて! 17連勝ですよ!!』 『拘りがあるんでしょうね、 厳しく選果 しちゃったみたいで…収穫後、数字見たら、『えっ、こんなに少ないの!?』って、驚いちゃいましたよ(汗)』 という訳で… 初リリース の話題も重なり、 入荷数が、かなり限られてしまいました(汗) 気になる方は、お早めに! 【ソーヴィニヨン・ブラン/スタンダードとリザーヴの違い】 ◇スタンダード→河川由来の小石や砂礫を多く含む、排水性の良い堆積土。 樹齢がリザーヴより7年ほど若い。密植率 2800本/ha ◇リザーヴ→粘土質と砂礫、小石を含む河川土壌が幾重にも重なった、堆積土。 樹齢はより高い。密植率4,200本/ha 【ピノ・ノワール/スタンダードとリザーヴの違い】 ◇スタンダード→樹齢が7年ほど若い。樽熟は約11ケ月。新樽比率25%。 ◇リザーヴ→樹齢がより高い。樽熟は約16ケ月。新樽比率33%。 ※土壌はいずれも、粘土質と、砂礫や小石を含む河川土壌が幾重にも重なり合った堆積土。

ソーヴィニヨン ブラン 2017 フォリウム ヴィンヤード 白ワイン 大得価,お買い得 —— 3,100円

ニュージーランド

ソーヴィニヨン ブラン リザーヴ 2014 フォリウム ヴィンヤード 白ワイン 本物保証,大人気

『今、まさに飲んで頂きたい美味しさ♪』 クロ アンリなどで活躍後、自らのワインを手掛ける、 NZマールボロのワイナリー 、フォリウムの岡田さんが、先日タカムラの二階で、業界関係者向けの試飲会を開催されました。 その際、ソーヴィニヨンブランリザーヴの2013〜2017年までを試飲する事が出来たのですが、 特に2014年と2015年の美味しさに嬉しい驚き がありました! 2014年… 香り豊か! トロピカルな香りの中に、柑橘のニュアンスや塩味を感じる旨味があり、なんとも魅力的! 今、まさに飲んで頂きたい美味しさ♪ 2015年… よりポテンシャルを感じる、 メリハリと立体感のある味わい! 『評論家からの 評価が高いのはこっちです 。』と、岡田さんもコメント。 もう販売分はないと諦めていたら…ありました! どちらのヴィンテージにするかは 好みで選んで下さい!! ■輸入元様資料より抜粋■ 2014年ヴィンテージ 非常に暖かい春先と涼しい夏。降雨量も適度にあり、優良なヴィンテージが期待されたが、収穫期の雨が生産者による品質のばらつきを招いた。 涼しい夏のため、ハングタイムを長く確保する事が出来、幸い収穫期の雨の前に収穫を終える事が出来たので、 品質的に申し分ないワインとなった 。 栽培面積0.9ha 植樹率4200本/ha 1996年植樹 収量60hl/ha INFORMATIONNameSauvignon Blanc Reserve Foliumブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名フォリウム・ヴィンヤード産地ニュージーランド/マールボロRegionNew Zealand/Marlborough内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 17連勝! 日本人が、NZで造る 本気の逸品!! 日本人ワイン・メーカー の活躍が目立つ、 NZ。 その地に、新たなるワイナリーが、誕生しました! 岡田岳樹(おかだたかき)氏 が、マルボーロで手掛ける、 『フォリウム・ヴィニャード』 です。 その、 初ヴィンテージ のお披露目会に、参加してきました! アメリカのワイン産業を支える、UCデイヴィス校や、仏ロワールの アンリ・ブルジョワ がNZで手掛ける クロ・アンリ でも経験を積んだ、まだ30代半ばの、岡田氏。 6haの畑を、収穫時など以外は、ひとりで仕事しているとか! 現在、フロム・ワイナリーを間借りしてのワイン醸造だそうですが、そんなところにも、NZの懐の広さを感じます。 そうして生まれたのは、ソーヴィニヨン・ブランと、ピノ・ノワール、それぞれ、スタンダードとリザーヴの、計4種。 ソーヴィニヨン・ブランは、さすが アンリ・ブルジョワ 譲りとあって、スタンダードは 瑞々しい果実味、 リザーヴには、より 密度があり、溌剌とした酸 が生きており、それぞれの個性が感じられました。 このスタイルを実現するため、全て、手摘みを行ったとか。(NZでは、珍しいそうです。) そして、ピノ・ノワールは… ■当主のコメント■ 『過度の抽出をせず、出汁のような美味しさを目指した。果実味の強さは、 マルボーロ のスタイルです。』 と、岡田氏が語っていたように、スタンダードは、 ふくらみのある果実味と樽のバランス を、リザーヴは、そこに、しっとりとしたニュアンスに、 より密度が加わった スタイルを感じました。 そんな 初リリース のワイン、お披露目会の際に、関係者の方から、気になる2つの話を、聞きました。 ■気になる話■ 『現地に行った際、岡田さんが、ウェリントンのワイン・ショップなどに、 17軒 に営業に行くのに同行したんです。 そしたら、なんと、 全ての訪問先が、どれかを買うって言ってくれて! 17連勝ですよ!!』 『拘りがあるんでしょうね、 厳しく選果 しちゃったみたいで…収穫後、数字見たら、『えっ、こんなに少ないの!?』って、驚いちゃいましたよ(汗)』 という訳で… 初リリース の話題も重なり、 入荷数が、かなり限られてしまいました(汗) 気になる方は、お早めに! 【ソーヴィニヨン・ブラン/スタンダードとリザーヴの違い】 ◇スタンダード→河川由来の小石や砂礫を多く含む、排水性の良い堆積土。 樹齢がリザーヴより7年ほど若い。密植率 2800本/ha ◇リザーヴ→粘土質と砂礫、小石を含む河川土壌が幾重にも重なった、堆積土。 樹齢はより高い。密植率4,200本/ha 【ピノ・ノワール/スタンダードとリザーヴの違い】 ◇スタンダード→樹齢が7年ほど若い。樽熟は約11ケ月。新樽比率25%。 ◇リザーヴ→樹齢がより高い。樽熟は約16ケ月。新樽比率33%。 ※土壌はいずれも、粘土質と、砂礫や小石を含む河川土壌が幾重にも重なり合った堆積土。

ソーヴィニヨン ブラン リザーヴ 2014 フォリウム ヴィンヤード 白ワイン 本物保証,大人気 —— 3,900円

ニュージーランド

ソーヴィニヨン ブラン リザーヴ 2015 フォリウム ヴィンヤード 白ワイン 最安値,最新作

『評論家からの評価が高いのはこっちです。』 クロ アンリなどで活躍後、自らのワインを手掛ける、 NZマールボロのワイナリー 、フォリウムの岡田さんが、先日タカムラの二階で、業界関係者向けの試飲会を開催されました。 その際、ソーヴィニヨンブランリザーヴの2013〜2017年までを試飲する事が出来たのですが、 特に2014年と2015年の美味しさに嬉しい驚き がありました! 2014年… 香り豊か! トロピカルな香りの中に、柑橘のニュアンスや塩味を感じる旨味があり、なんとも魅力的! 今、まさに飲んで頂きたい美味しさ♪ 2015年… よりポテンシャルを感じる、 メリハリと立体感のある味わい! 『評論家からの 評価が高いのはこっちです 。』と、岡田さんもコメント。 もう販売分はないと諦めていたら…ありました! どちらのヴィンテージにするかは 好みで選んで下さい!! ■輸入元様資料より抜粋■ 2015年ヴィンテージ 非常に乾燥しており、生育期間を通して暖かかったのでいわゆる グレートヴィンテージの特徴を備えた年 となった。 ドライファーミングを始めて5シーズン目。 ブドウの樹も慣れてはきたものの、盛夏期の感想は厳しく、結果としては 非常に凝縮感の強いワインとなった 。 栽培面積0.9ha 植樹率4200本/ha 1996年植樹 収量40hl/ha INFORMATIONNameSauvignon Blanc Reserve Foliumブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン生産者名フォリウム・ヴィンヤード産地ニュージーランド/マールボロRegionNew Zealand/Marlborough内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 17連勝! 日本人が、NZで造る 本気の逸品!! 日本人ワイン・メーカー の活躍が目立つ、 NZ。 その地に、新たなるワイナリーが、誕生しました! 岡田岳樹(おかだたかき)氏 が、マルボーロで手掛ける、 『フォリウム・ヴィニャード』 です。 その、 初ヴィンテージ のお披露目会に、参加してきました! アメリカのワイン産業を支える、UCデイヴィス校や、仏ロワールの アンリ・ブルジョワ がNZで手掛ける クロ・アンリ でも経験を積んだ、まだ30代半ばの、岡田氏。 6haの畑を、収穫時など以外は、ひとりで仕事しているとか! 現在、フロム・ワイナリーを間借りしてのワイン醸造だそうですが、そんなところにも、NZの懐の広さを感じます。 そうして生まれたのは、ソーヴィニヨン・ブランと、ピノ・ノワール、それぞれ、スタンダードとリザーヴの、計4種。 ソーヴィニヨン・ブランは、さすが アンリ・ブルジョワ 譲りとあって、スタンダードは 瑞々しい果実味、 リザーヴには、より 密度があり、溌剌とした酸 が生きており、それぞれの個性が感じられました。 このスタイルを実現するため、全て、手摘みを行ったとか。(NZでは、珍しいそうです。) そして、ピノ・ノワールは… ■当主のコメント■ 『過度の抽出をせず、出汁のような美味しさを目指した。果実味の強さは、 マルボーロ のスタイルです。』 と、岡田氏が語っていたように、スタンダードは、 ふくらみのある果実味と樽のバランス を、リザーヴは、そこに、しっとりとしたニュアンスに、 より密度が加わった スタイルを感じました。 そんな 初リリース のワイン、お披露目会の際に、関係者の方から、気になる2つの話を、聞きました。 ■気になる話■ 『現地に行った際、岡田さんが、ウェリントンのワイン・ショップなどに、 17軒 に営業に行くのに同行したんです。 そしたら、なんと、 全ての訪問先が、どれかを買うって言ってくれて! 17連勝ですよ!!』 『拘りがあるんでしょうね、 厳しく選果 しちゃったみたいで…収穫後、数字見たら、『えっ、こんなに少ないの!?』って、驚いちゃいましたよ(汗)』 という訳で… 初リリース の話題も重なり、 入荷数が、かなり限られてしまいました(汗) 気になる方は、お早めに! 【ソーヴィニヨン・ブラン/スタンダードとリザーヴの違い】 ◇スタンダード→河川由来の小石や砂礫を多く含む、排水性の良い堆積土。 樹齢がリザーヴより7年ほど若い。密植率 2800本/ha ◇リザーヴ→粘土質と砂礫、小石を含む河川土壌が幾重にも重なった、堆積土。 樹齢はより高い。密植率4,200本/ha 【ピノ・ノワール/スタンダードとリザーヴの違い】 ◇スタンダード→樹齢が7年ほど若い。樽熟は約11ケ月。新樽比率25%。 ◇リザーヴ→樹齢がより高い。樽熟は約16ケ月。新樽比率33%。 ※土壌はいずれも、粘土質と、砂礫や小石を含む河川土壌が幾重にも重なり合った堆積土。

ソーヴィニヨン ブラン リザーヴ 2015 フォリウム ヴィンヤード 白ワイン 最安値,最新作 —— 3,900円

ニュージーランド

タソック テラス ヴィンヤード ドライ リースリング 2016 コヤマ ワインズ 白ワイン 激安大特価,定番人気

■輸入元様資料より抜粋■ 栽培: タソックテラス・ヴィンヤードはワイパラ・ヴァレーの中ほどに位置する水はけの良い砂利質土壌の畑。植え付け:2004年。ガイゼンハイム・クローン。 ヴィンテージ特徴: 春の深刻な霜被害はなく、 シーズンを通してすばらしい乾燥した天候が続いた 。 質と量とも恵まれた年 で、 クリーンな貴腐菌(約20%)が付着 した。 熟成: 手摘みで収穫し、全房圧搾。温度管理されたステンレスタンクでシャンパーニュ地方原産の培養酵母DV-10により発酵。酸、糖度、アルコールのバランスを見ながら、残糖度が約6.6g/Lになった時点で、タンクを冷却し、発酵を停止。 味わい: シーズンを通して乾燥した良好な天候が続いた2016年は、 ブドウが健全に熟し 、 理想的な糖度と酸度 のもとで摘み取ることができた。例年よりも糖度が高かったことから、 少ない残糖度でよりドライに 仕上げることができた。 ライムの果実 に石っぽさが混じり、清らかで、 持続的な酸がフィニッシュまで長く残る 。 INFORMATIONNameKoyama Tussock Terrace Vineyard Dry Rieslingブドウ品種リースリング生産者名コヤマ ワインズ産地ニュージーランド/ノースカンタベリー/ワイパラヴァレーRegionNew Zealand/North Canterbury/Waipara Valley内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《大和魂》で NZピノの歴史に、 新たな1ページを刻む! 既に今、多くの日本人が海外でワイン造りに携わり、重要な役割を果たしている人も、少なからずいます。 ですが、自らのワインを手掛けるにまで至る方は、ごく僅か。 才能と努力、チャンス、そして、運など、あらゆる意味で、自らが道を切り拓いた人だけが、その機会を得ることが出来るもの。 そんな中、新たに 自らのワインをリリース するに至った 日本人 が登場です! しかも… 今まであまり、ご紹介する機会のなかった ピノ・ノワール を、ブルゴーニュに次ぐ、ピノ・ノワールの第二の故郷ともいえる、ニュージーランドで手掛ける、 小山竜宇(こやま たかひろ)氏 の記念すべき初リリースです! 海外経験も豊富な小山氏は… 『物を造る仕事がしたい!』 との思いから、ワインとの時間がふと蘇り、ワイン造りを志すに至り、その後、NZにわたり、リンカーン大学葡萄栽培ワイン醸造学部に在学中から、ピノ・ノワールなどのワインで名高い、マウントフォードで働き始めます。 途中、イタリアやトスカーナ、ドイツなどで経験を積み、大学卒業後の2007年、アシスタント・ワイン・メーカーとして、マウントフォードに就職。 その後も更に、カリフォルニア・ピノの先駆者である、オー・ボン・クリマなどでも経験を積むなど、貪欲に学び、自らの経験とイメージを形にしてきました。 そんな小山氏が、遂に、自らのワインをリリースすると知ったのは、2009年のこと。 話を伺い、楽しみにしていたワインがようやく入荷し、このお披露目も兼ねて、来日した小山氏に、お話を伺いました! 花のような香り や、 ベリーのアロマ などが綺麗に香り、旨みはありながらも、濃すぎることの無い、小山氏のピノ・ノワール。マウントフォードよりも エレガント なスタイルを意識されているようですが、そのことが実感できる味わいに、初リリースの確かな手ごたえを感じました。 実は… 彼の買っている葡萄の区画は、 他のワイナリーも欲しがる 、畑のプロフェッショナルで、かつて、他のワイナリーの栽培責任者として働いた後、独立した、グエン氏の畑のブドウなのだとか♪ なんと、グエン氏、そんな引く手あまたの畑にも関わらず、小山氏に… 『希望の区画を選んで良いよ。』 と、言ったとか! 【その理由】 『実は、グエン氏はかつて、日本でラグビーを教えていた事があるそうで、非常に協力的なんです。』 と、小山氏は謙遜していましたが、当然ながら、彼のワイン造りに対する 真摯な姿勢 と、 才能 を認めたからこそ、グエン氏がそこまで言ったのだと思います。 パワーのあるラベルは、小山氏の知り合いの、日本の有名な企業で活躍する方がデザインしたそうです。 才能と努力 、 チャンス 、そして、 運 。小山氏が切り拓いてきた結果が、1本のワインとなり、晴れて、初リリースを迎えました。 待望の初リリース! NZピノの新たなる1ページです!!

タソック テラス ヴィンヤード ドライ リースリング 2016 コヤマ ワインズ 白ワイン 激安大特価,定番人気 —— 3,600円